SECOMあんしんガラス

SECOMあんしんガラスの性能を比較している動画で、どのくらいの効果を発揮するのかが分かるかと思います。
まずは網入りガラスで検証され提案すが、一回で破壊されないというくらいで、物理的な打撃には弱いようです。あくまで、火災のときなどの飛散防止などで使用するための構造のようです。

防犯フィルムの検証も行っていますが、張らないよりも明らかに高い効果を発揮していますが、何回も叩くことによっては貫通されてしまい、多少の時間粘られてしまいますと侵入を許してしまう可能性もあります。

SECOMあんしんガラスですと他のガラスが、完全に破壊されていても貫通擦ることなくかなりの耐久性を証明できています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る