拡大するホームセキュリティー市場について

近年のセキュリティの市場についての動画です。以前は家に異常があればガードマンが駆け付けるというのが一般的でしたが、そうなりますと莫大な費用がかかってしまい、極少数の人しか設置する事ができませんでした。そのため低コストで手軽な防犯グッズなどの商品が発売されていくことになります。

警視庁の調査によりますと窃盗の約半数は留守宅を狙った空き巣で、そのうち7割は窓からの侵入、そして3割近くが玄関から小津同と入ってくる手口もあります。

そんな中市場を拡大して言っているのがホームセキュリティーで家庭に向けたセキュリティーシステムが多く出回っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る