防犯のプロが教える、戸建ての防犯対策とは?

防犯のプロが教える戸建て住宅の防犯対策方法がありますので、ぜひ実践して対策しましょう。

空き巣が嫌がる環境を作る事が大切であり、空き巣に狙われないためには周囲から目撃されやすい状態を作るためには光と音と時間と手間を意識して対策しましょう。

車で外出していて自宅の駐車場に車がない状態だと、不審者に留守がバレてしまいますから、車の駐車場がある所に自転車を置いて留守ではない事をアピールする事が大切ですよ。

裏口などから侵入されたくないなら家の周りに防犯砂利を敷いたり、窓ガラスに防犯ブザーを取り付けて、周辺住民に目撃されやすい状況を作って対策しましょう。

外出する時に窓の鍵やカーテンを閉めているという方も多いかもしれませんが、カーテンを閉めた状態だと留守だと判断される事が考えられるので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る