簡易タイプ防犯フィルムはやめたほうが良い。

こちらの動画は簡易タイプの防犯フィルムはとても危険ですので、薄くても全面貼りをオススメするといったことに関する解説です。
簡易タイプの防犯フィルムですと、過度にヒビを入れた後にクレセントの周りの窓ガラスを空くことができ、底から鍵を開けられてしまう危険性があります。

前面のフィルムが張ってあれば、部分的にもガラスを抜くことが出来ず、それによってクレセントを回すことができないということになります。

また全面貼りタイプのフィルムは自分で貼ることが出来るのかということですが、充分に貼ることが出来るということです。最も業者さんが工数を使うところは窓ガラスの洗浄やフィルムのカットですので、そういった手間を自分でおこなうことができれば充分に可能ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る