あおり運転に急ブレーキを踏むと悪くなってしまうのか>

あおり運転に対してでも急ブレーキをかけることは結論から言ってしまうと急ブレーキをかけた際に後続車が万一追突してきた場合は書けた側にも過失が発生してしまいます。

不用意な急ブレーキを書けた際の過失は3割が認められているということが通常の過失となります。追突事故は後続車の責任が大きくなり、前方不注意や車間距離の不保持が追突の原因としてありますが、前方を走っている急ブレーキをかけた車にも事故の責任が課せられてしまいます。

そのブレーキによって後続車の乗員が重大な事故が発生してしまう可能性もありますので、裁判でも非常に不利になってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る