簡単に侵入させない窓の防犯対策

空き巣など他人の住居に侵入する犯罪者にとって、窓は一番気をつけなければならない場所です。
こうした犯行の被害者の大半が、窓から侵入されているのですから。
玄関ドアは人目につき解錠も複雑になってきているので、ガラスを割り解錠できる窓、特に人目につきにくい場所の窓はターゲットになりやすいです。
またワイヤー入りの窓ガラスや面格子でガードしている窓だからと安心している方、これらの防犯効果は普通の窓・ガラスと大して変わりませんので注意しましょう。
ワイヤー入りガラスは、割る手間はさほど変わらないのに割れる音は小さく、また破片が飛び散りません。さらに面格子は一部の例外を除き飾り程度でしかなく、実はドライバー1本で簡単に取り外せてしまいます。

こちらの動画のお宅では、通常の鍵にプラスして窓用アラーム(防犯ブザー)、窓の上下補助錠を施し、さらに防犯フィルムも貼ってっ徹底しております。
また一部の窓だけでなく、家のすべての窓に防犯対策を講じて備えることが大事になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る